行政と民間をつなぐ行政書士

行政書士は、「待ちの代書屋さん」とも称される行政と一般の民間人をつなぐことを仕事とする資格です。leloを通販で最安値購入

例えば、企業が公官庁に提出するための書類を不備がないかチェックしたり、場合によっては作成することを主な仕事としています。

行政書士が作成することができる書類は、実に1万種類を超えているとも言われ、非常に重要な役割を担っています。

同時に個人同士の関係をつなぐ仕事も行政書士が担うことが出来ます。

例えば、売買契約や譲渡契約などを行う際にしっかりとした契約書を作成したいという場合には、行政書士が作成を代行します。

正確な知識がない個人が契約書などを作成した場合、トラブルに発展してしまう可能性もありますが、行政書士が作成したものであれば、そうした心配もありません。

このように行政書士資格を持っていれば、様々な書類作成ができるため、独立して開業するということも十分に可能です。

また、より仕事の幅を広げたいという場合には、司法書士資格や社会保険労務士資格の取得も検討されると良いでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.english-singers.com All Rights Reserved.