する限りでは獲得できないポイントなので

残念だが現在では極変わったケースを別にして金券ショップに行ってもクレジットを利用する事が出来る店舗は100%に近い確率で存在しません。

この事で、JCB、MasterCard、NICOSなどののギフト券を利用した直接商品を買うのでないクレジットカードの手法はろくには実際に運用することができないだと思われます。

じゃあどういう手法を活用すれば遠まわしに使うクレジットが可能なのでしょうか?といえばそれは今、流行している電子マネーといったEdy(エディ)、Webmoney、Smart Plus、またはICOCA、VISA Touch、nanacoなど。

実際、こういうものを用いて間接的カードを行うという事も可能になるのです。

Edy、またVISA Touch、nanacoなどはカードで取引することが出来る金券■PASMO、iD、QUICPay、とかICOCA、VISA Touch、nanacoなどに精通していない人たちから見てみたら、なんとなく面倒くさいインプレッションを類推するかもしれませんがこういう電子マネーというものはいうなれば券になります。

JCB、Diners clubなどの商品券と全く変わりはありません。

またこういう電子マネーという物はクレジットを活用して容易に買い付けすることができるのが特徴だったりするのです。

その上このような電子マネーは目下オンラインゲームの支払い始まりとして、駅ナカや多様な売店等々であっても活用できるようになってきている。

「当販売店ではカードはご運用になる事はできません」といったように明言されているような店舗での支払いでもEdy(エディ)、Webmoney、Smart Plus、であったりSuica(スイカ)、WAON、nanacoなどの場合なら用いれるケースがたくさんあるのです(クレジットポイントが多く獲得できる)。

クレジットが用いられない売店で直接的でなくクレジットを活用するやり方でカードポイント分だけもらってしまおうというやり方です。

通常通り高いショッピングをする限りでは獲得できないポイントなので、是非、活用してみていただきたい。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.english-singers.com All Rights Reserved.